© 2019 by YASEI JIDOU. 

市川大貴

1989年1月13日生まれ。東京都出身。学生の頃はパティシエを目指し、専門学校にも通ったが、ずっと好きだったTVドラマの世界に入るという夢を追い、2011年、初舞台を踏み、役者業を開始。現在は舞台、映像問わず活動中。

最近の出演作品に フジテレビ「コード・ブルー 3rd season」、TBS「小さな巨人」、舞台 東京マハロ「紅をさす」等がある。

1. 野生児童の印象は?

旗揚げ公演から一貫して僕が思うのは”感情が振り切った瞬間”に着目して作られているのかな、、と。

とにかく熱量の塊みたいな瞬間を毎回見られる劇団だと思います。

2. この作品を通してやりたいこととは?

原作でいう「薬売り 直助」という大変に素敵な役を頂きました。不器用に、感情のままにまっしぐら!!みたいな人物だと思うんです。比較的自由度の高いキャラクターを100%楽しみたいと思います。

3. あなたにとって「純惑」とは?

”目指すところにどうにか立ちたい欲”みたいなのが今は強いと思うんです、、だから、仕事絡みで惑います。

4. 最後に一言!

感情爆発市川を観に来て下さい!!