© 2019 by YASEI JIDOU. 

有田あん主宰によるプロデュースユニット。

劇団鹿殺しに所属し、俳優としても活動中の有田杏子がジャンルを飛び越えて一番気になる個性的な役者を集めて作品を創る。
できない理由より、どうしたら実現できるかを考える前のめりな姿勢が特徴である。

各々の人間性を生かす作品作りを基本とする。

「カテゴリー」を飛び越え、最も気になる表現者とテーマを掛け合わせ、他にはない組み合わせ、表現を独自に追及していく。

モットーは「やりたいことを、真摯に実現」である。

Member

経歴
野生児童主宰・脚本・演出・役者

ありた  あん

有田あん

大阪出身。台湾とのハーフである。

 

中学・高校は吹奏楽部。

京都の立命館大学の新演劇研究会劇団月光斜で芝居を始める。

同時に、学内だけでなく京都の小劇場にも数々出演。

 

2010年にはインドに2か月間滞在。一月kolekanalの小学校で働き、ひと月インドを北から南へ約7都市を一人旅した。

それは、将来的に途上国での公演を目標にしているからで、

そのステップとしての第一歩であった。

 

2011年に東京上京。

【舞台】

2011    ダモアプロデュース 「秘祭」 川島なおみ主演:アンサンブル出演
2012    ENBUゼミナール入学
2012    ENBUゼミナール10MINUTES「崖の上の」に出演。俳優賞第二位
2012    ENBUゼミナール10MINUTESS作・演出・出演した「青春じぇねれーしょん」が作品賞第三位。
2013.2    劇団鹿殺し音楽劇「BONE SONGS」出演
2013.9    劇団鹿殺し充電前公演「無休電車」出演

2013.12  競泳水着「Romantic Love?」順子役

2014.5    ぬいぐるみハンター「ウォーターバック」スマトラ役
2014.8    コロブチカ第五回公演「神と遊べば」大泉栄子役
2014.11  劇団鹿殺し入団

2015.1    劇団鹿殺し復活公演「ランドスライドワールド」

2015.3    Naked High 「桃のsexy!」トロンボーン出演

2015.4    シアターBRAVA主催10周年シリーズ!つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」〜everything is symphony!!〜
2015.6    劇団鹿殺しロックオペラ「彼女の起源」
2015.7    OFFICE SHIKA  PURODUCE 「竹林の人々」

2015.8    野生児童旗揚げ公演「1980'」作・演出・出演

2016.4    野生児童第2弾「ガムシャリズム」 作・演出・出演

2016.9    野生児童 × T-Produce「流砂ゑ堕つ」 作・出演

2016.12    劇団鹿殺し「image-Kill The King-」出演

2017.3     キ上の空論#6 アフターイベント「僕が旅をやめる理由」 出演

2017.5     劇団鹿殺し電車二部作同時上演「電車は血で走る」「無休電車」

2017.8     野生児童第4弾「純惑ノ詩」作・出演

2017.10   文化庁委託事業 平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業

               喜劇昭和の世界③『ブランキ殺し 上海の春』 出演

2017.11  InnocentSphere「”4×4=0″//re-edit」出演

2017.12   OFFICE SHIKA REBORN CHOBI MEETS「パレード旅団」日替わり出演

2017年11月 InnocentSphere「”4×4=0″//re-edit」出演
2018年3月 野生児童第四弾「春暁ーしゅんぎょうー」作・演出・出演
2018年4月 カクシンハン「ハムレット」出演
2018年6月 オザワミツグ演劇「人を殺して生きている」出演
2018年9月 「家庭教師ヒットマンREBORN! the stage」出演​

2019年2月 若手×えのもとぐりむ「嘘つき歌姫」出演

2019年4月 小原徳子生誕祭にて短編「光の中で、」監督・脚本・出演

2019年4月 乃木坂46 4期生「3人のプリンシパル」アクティングコーチ

2019年5月 CONTE STAGE「SWEET DAYS」出演

 

 

【映画】

「ピースオブケイク」出演

【CM】

2017 マクドナルドCM「てりたま はみだすおいしさ」篇

2017 キリン一番搾り 「鈴木亮平 お待たせ」篇

一言

「野生児童」の名の通り、自分のやりたいことを、やりたい人と思う存分追求していきたいと思います。

ジャンルやカテゴリーにとらわれず、常に「表現欲」を大事に、

そして役者の素材を生かした作品を作り続けていきたいと思います!

作曲

なおみ ふらんせす

奈緒美 フランセス

カナダの短大にて演劇学部を専攻し、卒業したのち日本に戻り小劇場を中心に活動を始める。

 

 

役者として活動をしていく中で、音楽の活動に目覚めていき、劇団に楽曲を提供し始める。

 

 

役者では異分子的な存在の役が多い。

音楽は主に歌、ギター、打ち込み、作曲を手がける。

 

 

 

経歴

【役者】
2011.6  Team the Rockets 「1億円」
2012.3  ブルドッキングヘッドロック 「スケベの話-セイなる夜編」
2012.11 Aji 「椿姫」
2013.12  ムームー企画 「チョウジャマチ9☆159」
2014.10  シーラカンスプロデュースVol.2 「W.シェイクスピア HUMAN」
2015.8    ごはん部「ごはんと宇宙」
2015.8  野生児童「1980’」(音楽も担当)

 
【音楽】
2014.12. 第6ボタン「閻魔のかんざし」メインテーマ曲、挿入歌提供
2015.8. 野生
児童「1980’」楽曲作曲、及び提供
2016.4. 野生児童「ガムシャリズム」メインテーマ曲、作曲

2016.9  野生児童 × T-Produce「流砂ゑ堕つ」メインテーマ曲、作曲

一言

とにかく熱く、いつだって童心を忘れず、幸せを追求できる人間として精進して参りたい次第です。

野生児童にはそのヒントがある気がするのです。幸せが作れる一員になれるよう精一杯いきます!

きしだ えりこ

​岸田エリ子

2009年、ドラマ「華麗なるスパイ」のレギュラー出演をきっかけに、女優として活躍の場を広げる。
2016年2月、自身が主宰となり「演劇ユニット ルソルナ」を立ち上げる。
近年では女優業に留まることなく、双子の姉・咲岡里奈と共に、ダウンロード版『スターオーシャン2 ~Second Evolution~』(SQUARE ENIXより発売)の新オープニング曲のシンガーに抜擢。
2017年、野生児童へ入団。
現在は、映画、舞台、CM、歌手を中心に、幅広い活動を行なっている。

経歴

【TV】

2011.8〜  「ハピはぴ・モーニング〜ハピモ〜」千葉テレビ (info cute レポーター)

 

【映画】

2012      「女子大生怪奇倶楽部」田代尚也 監督   (主演:レポーター役 )

2013      「ばしゃ馬さんとビッグマウス」吉田恵輔 監督  (小股美恵役)

2014      「Dance!Dance Dance!!」木村茂之 監督  (聡子役 )

【CM】

2013.10.28〜現在放送中  小林製薬「ニノキュア」 

2014        ソフトバンク「まさか編」

【舞台】

2016.2    「春は夜来る」 演劇ユニット ルソルナ  脚本/演出:須貝英

2016.3    「ピクトグラム」 MJP.vol.3  脚本:えのもとぐりむ/演出:私オム

2016.5    「二人芝居」 演劇ユニット ルソルナ   

2016.7    「Angry12~怒れる 12 人の男女」脚本/演出:佐藤信也

2016.8    「Garden」疾駆猿 × 演劇ユニット ルソルナ × My little Shine 合同公演  脚本/演出:佐藤信也

2016.9    「流砂ゑ堕つ」 野生児童 W プロデュース企画  脚本:有田あん/演出:新里哲太郎

2017.4      「土砂降りぶりっこ」ピヨピヨレボリューション×激嬢ユニットバス  脚本:右手愛美/演出:匿名◯希望

2017.5    「7%竹的女子会」 L&L 企画 クワトロリブレット  脚本/演出:上石神井たかし

2017.8    「純惑ノ詩」 野生児童第 4 弾  脚本:有田あん/演出:須貝英

2017.11  「Festa.」 cheese theater vol.4  脚本/演出:戸田彬弘 

2017.12  「蛇の亜種」脚本:えのもとぐりむ/演出:私オム

【ゲーム主題歌】

2015        スクウェア・エニックス 『STAR OCEAN Second Evolution』

                ダウンロード版 新オープニング曲 双子ユニット twin tail 作詞・作曲 咲岡里奈 

一言

初めまして。
この度、野生児童の一員になりました。
岸田 エリ子と申します。

同世代の演劇人で、こんなにも面白い作品を作る人がいるんだ。
野生児童の旗揚げ公演「1980」を観た時、衝撃を受けたのを今でも覚えています。

有田さんは、人が好きで愛情が深い。
作品に対する真摯な姿勢は、演劇人そのものです。
そんな野生児童の作品に、素敵なエッセンスを加えてくれる音楽家のフランセスさん。
この2人と共に作品作りができる事が、とても嬉しいです。

一体、今の私には何ができるのだろう?
模索中ではありますが、野生児童の一員として、今はただ、ガムシャラに真摯に野生児童と向き合っていこうと思います。

今後も、変わらぬご声援よろしくお願い致します。